正しい洗顔の秘訣

クレンジング、そしてスチームタオルの「温トレーニング」をきちんと済ませていれば、
「落とす」の段階はすでに完了しています。ですから、特にダブル洗顔の必要はありませ
んが、「洗わないとスッキリしない」という方は、もちろん洗顔をしていただいても構い
ません。夏場など、気になるときのみダブル洗顔をして、冬場の乾燥しやすいときには
ダブル洗顔を避けるという方法もおすすめです。お肌の状態によっては、洗顔をするこ
とにより必要な油分まで取れてしまう可能性があるので十分気をつけましょう。
ただし、朝の洗顔は重要です。「朝も洗わなきゃいけないの?」という方がいらっしや
るかもしれません。ですが、寝起きの肌も皮脂や汗などで汚れているので、洗顔料を使
って、やさしく汚れを落としてあげることが大切です。
洗顔をする際に大切なことは、洗顔料をフワフワになるまで泡立ててから使うという
こと.泡が作れていない状態では、肌が負担を感じてしまいます。100円ショップな
どで入手できる「泡立てネット」を使えば、洗顔料も少量で済み、時間もかからず簡単
にフワフワの泡か作れます。
また、クレンジングのところでもお話したように、ゴシゴシは禁物です。洗っていると
き、皮虐が上下に動いてしまっていたら、「力の入れすぎですよ」というサイン。顔全体
を泡で包みこみ、転がすようにやさしく洗います。意外と兇落としがちな耳の後ろも

汚れがつきやすい部分なので、洗い忘れないようにしましょう。すすぎは、ぬるま湯で
念入りに。すすぎ残しは肌トラブルの原因になります。特に、髪の毛の生え際や首との
境どは、しっかりすすぎましょう。岐後は、冷たい水を顔全体にかけて、毛穴を
引き締めるようにします。
もしスクラブを使った洗顔をするなら10日から2週間に1度を目安に。毎日のよう
に使ったり、こすりすぎたりすると肌の表曲が無理矢理はがれてしまいます。見た目は
ツルツルでキレイに見えても、それは磨耗してしまっただけ。大事な肌の屑をカバーで
きなくなるうえ、水分を吸収しにくくなってしまいます。
洗顔ひとつをとっても、自分のお肌の状態を常に気にしてあげること、そして、それに合った
洗顔方法を行う事が大事なのです。

 

アナヤストライアルセットはこちら